前橋 玉村町のリフォームは群馬の憧れ住空間へ!

リフォーム工房 憧れ住空間
憧れ住空間建築設計事務所

お見積・お問合せ・資料請求は0270-61-6155まで!平日9:30〜18:00まで受け付けています。

無料見積ご相談

電話でのお問い合わせ

0270-61-6155

営業時間/ 9:30〜19:00

定休日/ 土・日・祝日

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせ お問い合わせフォームへ

パック商品

  • 内装パッケージプラン
  • 外壁塗装パッケージプラン
  • 水廻り3点パッケージプラン

群馬のリフォーム事例

新築 群馬 玉村町 外壁リフォーム 埼玉 深谷市

玉村町
新築

深谷市
外壁重ね張り

外壁リフォーム 群馬 渋川市 外壁リフォーム 群馬 館林市

渋川市
外装塗装

館林市
外装塗装

外装全面改修 平屋増築

玉村町
外装全面改修

深谷市
平屋増築

美容室増築 外壁サイディング

太田市
美容室増築

玉村町
外装重ね張り

増築ガレージ キッチン増築

太田市
ガレージ増築

伊勢崎市
キッチン増築

リビング増築 和室増築

桐生市
リビング増築

前橋市
和室増築

外壁塗装 重ね張り外壁

玉村町
外壁塗装

玉村町
外装重ね張り

重ね張り外壁 重ね張り外壁

玉村町
外装重ね張り

玉村町
外装重ね張り

リビング内装 和室改修

高崎市
内装全面改修

玉村町
全館内装

玄関内装 LDK改修

みなかみ町
内装全面改修

桐生市
LDK内装

LDK内装 全室内装改修

伊勢崎市
内装全面改修

玉村町
内装全面改修

内装リフォーム 群馬 館林市 内装リフォーム 群馬 渋川市

館林市
内装全面改修

渋川市
内装全面改修

キッチンリフォーム 群馬 玉村町 キッチン入替

玉村町
キッチン_リシェルSI

玉村町
キッチン_シエラ

システムキッチン模様替 キッチン改修

玉村町
キッチン_ラヴィ

玉村町
キッチン_アレスタ

システムキッチン交換 システムキッチン改修

玉村町
キッチン_ラヴィ

高崎市
キッチン_シエラ

対面キッチン 増築キッチン

伊勢崎市
キッチン_シエラ

みどり市
キッチン_シエラ

キッチンリフォーム 群馬 渋川市 キッチンリフォーム 群馬 館林市

渋川市
キッチン_シエラ

館林市
キッチン_シエラ

浴室改修 システムバス入替

太田市
浴室_アライズ

高崎市
浴室_インペリオ

システムバス改修 システムバス模様替

みなかみ町
浴室_フェリテ

桐生市
浴室_エメロード

浴室改装 流し台増設

玉村町
浴室_アライズ

太田市
美容室_水廻

システムバス入れ替え 浴室補強改修

伊勢崎市
浴室_サザナ

高崎市
浴室_サザナ

トイレリフォーム トイレ改修

玉村町
トイレ_ピュアレスト

玉村町
トイレ_サティス

トイレ模様替 トイレ リフォレ

太田市
トイレ_アメージュZ

玉村町
トイレ_リフォレ

トイレ全面改修 トイレ間取変更

伊勢崎市
トイレ_ピュアレスト

玉村町
トイレ_ピュアレスト

大規模リフォーム 玉村町 大規模リフォーム 伊勢崎市

玉村町
大規模_総合

伊勢崎市
大規模_内装

大規模リフォーム 館林市 大規模リフォーム 渋川市

館林市
大規模_総合

渋川市
大規模_総合

群馬のリフォーム実績

キッチンをリフォームする キッチン施工事例
浴室を快適にする 浴室施工事例
洗面を使いやすくする 洗面施工事例
トイレを綺麗にする トイレ施工事例
外壁や屋根を塗り替える 外装施工事例
床や壁を新しく模様替えする 内装施工事例
間取りを替えて住みやすくする 増築改築施工事例
群馬県リフォーム補助金

リフォームで解る
壊れてしまった部材

リフォーム前の劣化状態

リフォーム会社として
憧れ住空間が始まった理由

憧れ住空間の始まり

リフォームを成功させる原則

リフォーム成功の原則

協力業者さん大募集

協力業者大募集

次世代住宅ポイント制度

次世代住宅ポイント制度

安心と実績のリフォーム

住宅あんしん瑕疵保険

HOME>

リフォームの見えない部分


リフォームで隠れてしまう部材の劣化状況


リフォーム工事を進めていきますとほとんどの住まいで当てはまる部材の劣化状況となっています。原因は雨漏れや水漏れ、そしてメンテナンス不足などが挙げられます。
リフォームでせっかく内部確認が出来る状態になりますので補強や補修、または交換などの検討も必要になるはずではないでしょうか。
当工房では御打合せの段階でおおよその想定を行いますのでご安心頂けます。

■■隅柱の劣化による強度不足■■
白蟻による柱の駆逐 雨水の侵入によって白蟻が発生した状態です。
柱の下端から侵入し、2階の床組みまで被害は進んでいました。
柱事態の強度は全くない状態に陥っています。
速やかな補強及び交換を行います。

柱が腐っている状態   柱を補強している様子   柱を入れ替えた構造補強
施工前   施工中   施工後


解体途中で発見することが出来ました。

大切な住まいだからこそ、構造やメンテナンスは重要に思えます。
当工房では住まいのプロとして、しっかりしたサポートと助言を怠りません。





■■給水管の曲がり部分は劣化が激しい■■
給水管の内部の錆 キッチンや浴室、洗面やトイレの配管などを点検する機会ってなかなかありません。

そこで気づかないうちに配管が割れていたり、詰まってしまっていることもしばしば見受けられます。

給水管の状態確認   給水管の交換作業   下地工事
施工前   施工中   施工後


当工房では水廻りの解体が伴うリフォームの場合は室内側の給水管、給湯管、そして排水管の交換を行っています。

これから何十年も住まう家だからこそ大切にしたいと思います。





■■浴室の土台がなくなっている■■
腐敗で土台が破損 タイル張りの在来型浴室によく見受けられる状況です。
既存の土台は水漏れで跡形もなくなくなっています。
このような場合は周辺の柱の下端も腐食されていることが多い状況です。

土台の入れ替えと柱の補強を行う事が大切です。

構造土台が腐敗している状態   土台の入れ替え作業   柱の構造補強
施工前   施工中   施工後


かなり劣化が進んでしまっている状態です。
浴室を解体してみますと土台が既にボロボロな状態でした。

構造的に不安が残りましたので土台を入れ替え、劣化した柱を補強して対応できました。





■■配管がボロボロになっている状態です■■
配管と構造部材の劣化状態 築40年以上経過している建物に見受けられる劣化状態です。
配管が整然と並んでいません。

乱雑に施工されている為、漏水していることもしばしばありました。

配管が破損している状況   土台と柱を補強   配管交換作業
施工前   施工中   施工後


浴室、洗面脱衣室、トイレが隣接しているプランでしたので床組みを全て造り直すように計画を変更。

同時に室内側の配管もスムーズに全交換することが出来ました。





■■浴室土台の一部と柱に腐敗が見受けられます■■
土台と柱の半分がなくなっている 在来の浴室改修時によく見受けられる光景です。
土台や柱が水漏れにより腐ったり、白蟻による被害で径の半分程度の強度になっている事があります。

適切な荷重の流れを把握した補強と対策が必要となります。

水漏れによる劣化状態   添え柱による荷重回避   添え柱で力の向きを変える
施工前   施工中   施工後


浴室周りの改修工事ではよくある光景になります。
当工房では解体時に構造状態や施工の順序を確認し、適切な補強を心掛けます。

荷重の流れを勘案した補強計画がリフォームでは最も大切だと考えますので、絶対に省けない工程といえます。





■■ベランダの防水層に亀裂が入っている状態■■
雨漏れによるベランダ下地の劣化 ベランダの床のメンテナンスを行っていなかった為、雨水が侵入していました。

外壁の張り替え工事の段階で状況を把握。
即座にベランダ床面にFRP防水層を設けてから劣化した部材の交換作業を行いました。

下地が破損している状態   下地材を交換   ベランダ仕上げ工事
施工前   施工中   施工後


ベランダが1階のリビングより張りだしていた為に、室内側から気づけなかったケースです。
外壁の下地が不安定な状態でした。

軒天の一部を取り外し、状況を把握することが出来ました。





■■白蟻と水漏れのダブルの被害■■
白蟻と水漏れのダブル被害 浴室を解体してみると白蟻の被害が壁上にまで達している状態でした。
また、水漏れも要因となって土台は腐敗し、原形を留めていない状態となっています。

補強張りを掛ける事で荷重の流れを変え、土台や腐敗した柱材は交換及び補強を行いました。

土台が腐敗している状態   土台復旧状態   梁補強作業
施工前   施工中   施工後


基礎断熱が原因で白蟻被害が甚大になってしまったケースです。
白蟻駆除にも通常の薬剤散布が出来ない為にベイト工法と言う特殊駆除方法の採用となりました。

また水漏れも構造材を腐敗させる大きな要因となり、復旧にかなりの時間を要する結果となってしまいました。

今回のケースは荷重の流れを変えながら土台や下地を入れ替える作業となりましたので難易度の高い知識と技術が要求されるケースです。





■■桁にまで白蟻被害が広がっていた状態■■
白蟻と雨漏れの二重被害 玄関扉の入れ替え途中に白蟻による被害が発見されました。
柱を伝わって梁にまで蟻道が及んでいる様子です。

白蟻を駆除してから梁を掛けて荷重伝達の流れを変え、上下の横架材を構造用合板を張って一体的に繋ぎました。

白蟻による被害状況   梁材補強計画   ボード下地復旧作業
施工前   施工中   施工後


吹抜の窓からの雨漏れが白蟻被害や雨漏れ腐敗の要因となりました。

ボード下地を取り除いてみますと蟻道がびっしり形成されている状態です。
建物全体の白蟻駆除を経てから構造補強や下地再生工事を行う事で以前の強度を復元しています。







お客様の声はこちら

Copyright(C) 2012 リフォーム工房 憧れ住空間 All rights reserved.